営業効果の上がる名刺

営業効果の上がる名刺 名刺をただビジネスの慣例として作成するのはお金の無駄です。営業効果の上がる名刺にして、お金の無駄にならないようにすることをおすすめします。
ただ名前や役職、連絡先を記載するだけではなく、顔写真を入れたり、ウェブサイトのURLを記載したり、キャンペーン情報などを記載するようにすると効果的に営業活動に持ち込めます。言わば、チラシやパンフレットを兼ねたものにすれば良いのです。
名刺は小さいので記載できる情報量は限られます。このような場合には多少は普通の大きさよりも大きくしても問題ないでしょう。倍の大きさにして、半分に折れば普通の名刺サイズになるようにすれば、貰った人も管理に困らず、かさばらないというメリットが保てます。
今までの常識などに囚われず、自由に製作しても良いでしょう。折ることで立体的になったり、変わった材質でできていたり、デザインが変わっていても良いのです。
あくまでも営業活動に役立つものを作るようにすると良いでしょう。話題になれば、企業名なども覚えてもらえますし、印象にも残るはずです。
ただし、相手に悪い印象を与えてしまったら逆効果になりかねません。節度と良識を兼ね備えたものを作ることも大切です。

名刺印刷はネットで発注するととても便利

名刺はビジネスの現場においてなくてはならない必需品です。初対面の他者との挨拶の際には必ずその交換を余儀なくされることから、ビジネスマンにとってのもう一つの顔ともいえるでしょう。
最近ではパソコンやプリンターも普及していることから自宅やオフィスで簡単に名刺印刷ができる時代となっていますが、しかし大切なビジネスの現場ではひと味違った持ち味を披露したいもの。
そのためには名刺もプロの印刷業者を活用することで大きな違いを見せつけることができるでしょう。
もちろん印刷業者に依頼を持ち込んで発注することも可能ですが、その一方で、最近ではネットで全ての発注を受け付ける業者が多数生まれています。
これらを活用すると文字フォントやサイズ、デザイン、ロゴなどに至るまで様々なカスタマイズをネット画面上で行えて、決済についてもカード払いで楽々。
さらに完成予定のゲラが出来上がるとすぐにメール添付で送信してもらえるので、それらをスピーディーに確認して最終的な発注を行うことができます。
また、これらの印刷業者はリクエストに応じて一度受けた発注のデータを長期保存することも可能です。
こうすることで後で追加発注を受けた時にスピーディーに対応することができるのも大きなメリットと言えるでしょう。

注目サイト

2016/6/1 更新